台風銀座

今度は九州を12号が襲うようだ。やはり東北から北海道は台風に慣れていないから、避難が初歩的なミスで尊い人命を失っている。まずは情報の徹底ができていないため、どのように警報が出ても動いてよいのかどうかが指導する人間に受け入れがたい。これは日ごろの避難訓練が必要なのだが、地震の訓練はできていても、鉄砲水などへの対応ができていなかったということだろうか。そして、被害を受けるのはいつも弱者であることが悲しい。災害は後からどれだけ行ってもすでに遅い。今回は、各地で田の水を見に行ったりした比較的高齢の人が被害者である。橋が崩れて車ごと濁流にのまれた人もいれば、鉄砲水に家ごと流された人や、言ってみれば災害の本当の怖さを知らない人たちが、こうした被害にあわれているのは、亡くなった方は実に無念だろう。周りを心配して、様子を見に行ったりした方が非sqんな目にあうことになるので、「津波でんでこ」ではないが、ともかく自分の命をいつの場合も守らなければいけない教訓なのだ。それにしても、日本中が台風に直撃されるのは、相当に海水温が高くなっているのだろう。地球温暖化の減少が激しくなってきた。世界、本当に二酸化炭素で滅亡をするかもしれませんね。以前、そうした文化があっていったん地球は滅亡したのかもしれないと疑りたくなるほど、歴史の大きなトレンドに巻き込まれている自分です。

Comments are closed.

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.