自衛隊、自治体職員・・・

テレビで自衛隊や自治体職員、医師等の皆さんが自らの被災を顧みず懸命に被災者の皆さんのために働いて見える姿を拝するたび、日本もまだ捨てたものではないと逆に勇気を頂くこの頃です。今朝、自衛隊員の方が津波のあった日の数日前に新築された家を流され、奥さんと2ヶ月の赤ちゃんも行方不明と言って見えましたが、しかし、必死になって救援作業に没頭されて見えました。自治体職員の方でも自宅は流されてしましていますが、一度も家に帰っていなくて、家族とも出会っていないとか。地域医療を支えて見える医師も、家庭を犠牲にしてほとんど不眠不休で活躍されているお話など伺うと、自分が今こうしてのんびりしていて本当に良いものかと、自責の念に駆られます。イオン石巻店では津波があった日から2階店舗を開放して避難所として提供しながら、昨日一階食料品フロアーの開店にこぎ着けたと云う事です。

いずれも普段の職業をされているわけですが、そこは大変事情が違って、いち早く自分の出来る範囲ですが、少しでも皆さんのお役に立てるように自己犠牲の中で動いて見える事に大変熱い感動を覚えるものです。美談とは意識してやるものではなく、陰徳を積むために懸命な努力を積み重ねられることです。今、日本人が本当に忘れてしまった自己犠牲的精神は、決して長く続くものではありませんが、しかし、こうした緊急時などになかなか発揮できることではありません。防災無線のマイクを持ったままなくなった方、自宅介護の患者さんと共になくなった方等、本当に多くの尊い命が一瞬にして奪われた不幸すぎる災害に、改めて哀悼の意を捧げたく存じます。

そして、がんばろう日本の意を添えて、今後来る日本の沈没に改めて立ち向かう決意をかみしめたいと思います。、

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.