殺人

この罪の罪刑が非常に軽すぎないか。平均寿命が延びた昨今なのに、無期、死刑、後は20年という区切り。罪を終えて出所しても人生はまだ十分ある被告も。むやみに刑を重く白ではなく、しかし、現状にあった罪状を考えても良いのではないか。

特に、生命の価値観が非常に低下した今日。もっと罪の報いる機会を増やしてあげる事も再起に向けて必要にならないかな。時間は可能性です。だから余計罪にしっかり服する条件は我が国では条件が良いのでは。罪をしっかり自覚して人生を送るためには、そんなに簡単な事ではないでしょう。

生命の重さ

最近各所で殺人事件が頻発している気がします。原因は自分の思うようにならないと、短略的に殺してしまう。これ程生命が軽視されている事があっても良いのだろうか。

何故こうした風潮になってしまっているか。子供の頃からの教育にどこかこうした風潮が生まれているのか。人口が減少して行く中で、何処かで生命の尊厳を教育しなければ。

母の遺品

最近亡くなった家内の母が、生前作った黒織部抹茶茶碗を親父にねだって頂いた。今日初めて抹茶を頂いた。あったかい優しい味がした。形を残す事は非常にご本人の思い出が残るものだとつくづく思いながら、生前の母の温かみや優しさが身にしみた。

政党助成金

本日政党助成金が交付されるとか。政治にカネが必要と国民が認めた結果の制度で、共産党はカネの必要政治に反対して交付を拒否している。但し、赤旗の発行などで自主自立をする為の努力は相当なものらしい。

非常に今回も解散した政党にも交付を受ける権利があるらしく、資金繰りに苦しむ庶民としては理解に苦しむ制度ではないかと思います。

政党の在り方もこの辺りで変える時期ではないか。数が力がいつまでも続くものではないし、もう少し少数意見の反映される選挙制度も必要だ。何にしても、変化の社会に今のスピードでは住み良い明日は期待薄だ。国民全員が汗をこぼす社会に成れば。

ラグビー大敗

一勝がこれ程世間を沸き立たせたことも少ない。余りに馴染みのない競技で、世界ランク上位に勝った。最も競技内容など殆ど分からない中で、これ程多くの人が喜んだ事は札幌オリンピック以来かもしれない。あのジャンプで表彰台を独占した日本。あの時もルールがはっきりわかってない人が多かったのでは。

今回リーグ戦の一勝をマスコミははやし立てた。そうするとテレビなどに俄か解説者が出て、実力の如何を問わず次の試合も勝つかもしれないと、前景気を煽る。

そうするとユニホームなどが飛ぶように売れる。結局はコマーシャルベースに乗せられてから騒ぎをする結果となる。ラグビースコットランド戦は大敗した。世の中じっくりと本質を見透かし力が必要だ。

草取り

午前中から昼食を挟んで3時位まで庭の草取りを家内としました。夏草の最盛時母の病気を理由にサボっていたので、ボウボウに伸び放題。昔から小才は草を見ても草を刈らず。大才は草を見ずして草を刈る。の例えの通り本当に根が張って抜きにくい。

この例えは、問題をいつまでも遅らせることは結果、解決をし難い事になり余計に問題の解決をし難い事になる。逆に、解決を伸ばそうとすれば、時間を掛けるのも手段ですが。沖縄辺野古などこの典型かな。

全てはうまくいきませんが、草の種子を放置しない様注意をするには、気づく人間になりたいですね。

墓掃除

彼岸の中日を迎えるにあたり、いつものことながら家内と午前中掃除とお参りを兼ねて行ってきました。蚊との闘いをしながら、工夫は少しの焚き火でもすれば、蚊は人間にはあまり寄ってこない事を昔から教えられた事です。しかし、今は消防法で野火は禁止だそうです。

墓掃除で出る位の落ち葉など焚き火にしても大した事ではないのですが、そうした決まりがあると知ると、昔の知恵も使いずらいものですが、こうした知恵は今では随分消え去ったものが多いかもしれません。

そして、効率ばかりを追って生活の中に知恵を持っている先輩の価値観が落とされて行っているのではとこの年寄りは僻んでいます。

責任の所在

最近我が国は思わぬ坂が多い。その思わない事が何故起きたかを探る事が非常に少ないような気がする。昔は責任の所在をはっきりさていたのが、今はこの状態だから、何をやってもやり儲け的風潮が蔓延してしまう。飲酒運転がバレるのが怖くてひき逃げする。翌朝自首して自ら起こした罪を軽くしようとするものが多い。どこかで歯止めがかからないとこの国はどうなるか心配だ。

茶番劇

国会の中が劇場化した様だ。しかも、素人芝居以下のゲスいドタバタ喜劇的な内容で、世界は我が国をどう見ているのか。国債格付けがランクダウンして居る。そうなると金利アップにつながるが、円も強くなっているからまだ大丈夫かな。

それにしても野党は、鴻池委員長を委員会室に入らせない様、女性議員を並べ触ったたセクハラなどと、論議そっちのけの時間稼ぎをやっているそうだ。最高府にあるまじき事が起きている。雨の中反対運動をして居る国民に顔向けできるかな?

何れにしても本質の論戦を期待した自分が国会を過大評価した事が恥ずかしい。

行方不明

鬼怒川の氾濫で15名の行方不明が報じられた。確かに亡くなった方もお見えになり大変なことですが、結果は14名は避難所などに見えて、一名はイタズラという結果。それでも昨日朝から機動隊などの捜索があったらしい。現場は本当に混乱しているようだ。ことに、あの場所での水害など予想だにしなかったか。

しかし、報道によれば決壊シュミレーションはあったようだから、天災は忘れた頃にやって来るの諺通りでしょうか。特に、河川の氾濫など報道すると野次馬が集まるという事。行方不明も日頃の訓練の不足をさらけ出したのか。しかし、間違いで良かったですね。

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.