台風シーズン到来

秋雨前線と台風が今回重なりつつあります。この状況は毎年あるのですが、今回はすでに中国地方などひどい影響を受けているところに再び大雨の影響が及ぼうとしています。水力はコントロールできているあいだは、非常に有益ですが、ひとたびコントロール外になるととんでもない事になるのは、歴史から痛いほど知らされた話です。しかし、本当に何度もこうした事を繰り返す。せめて人命だけは何とか安全性を確保したいと思っているところで、今回は気象庁から緊急避難情報が発令されると言うことになったようですが、警報が出る時点で避難をするよう心がけることが必要ではないかと考えます。しかも、警報が出たときにはすでに避難が出来ない状態も遭ったと伺いました。本当に大変な事ですが、高齢者の方で独居でこうした判断をしなくてはならないと言うことは、誠に難しく、早く周りからそうした体制を作る事が必要でしょう。9月1日当地では避難訓練です。そうした家庭が多い中で、どのように避難したらいいのか日頃の訓練は本当に大切でしょうが、どうしても通り一遍な形になりやすく、いざとなると本当に使えるものかと思わざるを得ません。

それは、やはり参加する一人一人の心がけの大切さを、如何に日頃から説得する努力がなされているかに掛かります。オオカミ少年ではないですが、いつも災害が来るといっていると、あげく訓練の延長になってしまうようです。しかし、今回も東日本大震災の時は、こうした訓練が見事に効果を出したと言うことがあります。やはり、備えあれば憂いなしであると思いますが、その備えが地域によって本当に異なっている訳ですから、やはり地域の住民の覚悟が最も大切ではないのかと思われます。被害のないことを願って。

会議の中身

昨日今年第2回の大正村掃除に学ぶ会実行委員会。一応私が進行をやるということで会議は1時間終了を目標にしています。自慢じゃないですが、会議はあらかじめ目的を決めてかかれば結構早く追われるものと思っていますから、今まで、帝国開催で相当議題の多い会議でも1時間半を目標に振興して参りました。会議は確かに進め方によっては非常に時間が掛かり、結果が出ないことになりかねません。同時に、テーマがずれた発言もままあり、議論もそちらに方具事もあります。進行役としては、そうした内容にならないように注意しながらテーマを話合うわけですが、それでも時として会議全体がそちらの方向へずれていってしま雨事がありますので、よほど進行役は緊張して進めていくわけですが、時にこの進行役によっえは会議がチャランポランになって、忙しい中時間を割いて参加したメンバーに迷惑かけたことも何回かあります。地元の方は自分に言いたいことが言えればそれでいいと思われる方や、それ以上しつこく自分の意見を逃走とする人など参加された方の思惑はばらばらです。そうした考えを聞いていることは非常に大切ですが、出来たら会議の性質上内容を考え手発言が欲しいと思うこともあります。会議の回数や、時間数などを自慢とされる方もよくおられますが、こうした方は自分の会議の掌握に一度疑問を持ってみるとよいのでは。

昨日は平成25年第22回大正村掃除に学ぶ会の実行委員会です。言ってみれば根回しはぐりぐりに出来ているのですが、しかし、それでも前後をわきまえた意見をいただけるので本当に話が早すぎて、参加された皆さんに発言して欲しいと思いつつも、どうしても先に進んでしまうこともあり、いつも終わって反省しているわけです。特に、掃除に学ぶ会は参加者全員が主役のイベント。今回は地元中学が授業の中で取り組んでくれるため、余計にリーダーとしてのその責任を感ずるものです。すでに、今回10回の参加を数えている生徒もみえ、こちらが舌を巻くのですが、出来たら今後の人生に少しでも参考になる事があればいいのにと願うばかりです。又、町内の小学校が合併します。最後の掃除になる学校はどんなことを計画したらいいのか。毎回同じようなことの繰り返しであるようにみえ、様々歴史が刻まれていっています。鍵山相談役は来年80才、掃除を始められて50年という節目年とか。大正村も来年30年を迎えます。本当に振り返ってみると長くて短かった幾年月ですが、これからどうすると前を向いて歩いて行こうと思います。

台風シーズン

東シナ海に台風が発生して、偏西風に乗って音頭上陸の気配です。太平洋高気圧が少し緩み、初秋の訪れになるかもしれない吹き渡る風は大変気持ちいい風。ドライな風はほほに心地がよいですね。しかし、その後ろに地風が季節を変えようと虎視眈々と我が国上陸を狙っています。山陰地方などもう雨など欲しくないでしょうが、自然の織りなす光景はどうもそうばかり言ってられません。確実に秋が来てそしてこちらでは大変寒い冬が訪れます。その冬の楽しみ方はほとんど忘れてしまったでしょう。ほっぺを真っ赤にして下駄スケートや竹スキーに興じた子供の頃から遊ぶ姿は、本当に今目に出来ません。子供が外で遊ぼうとしても、広場は駐車場と化し子供が遊ぶことが出来ない。かといって、親の希望を商才まで伺うかですが、その必要は全くありません。役員が指定した場所と時間に身を運べばよい社会になっています。なんと言うことでしょうか。

もう一つこうしたシーズンにいつも言われることは、避難訓練の実施です。よく言われますが、隣の人がどこあたりで寝ている位はご近所で把握して、いざというときの救助に役立てられるようにしておくといいと。ただし是はプライバシーの問題もあり非常に難しいところですが、家の建て込んだ阪神大震災の時は非常に役に立ったとか。今、鳥取は大変な被害に遭っておられる訳ですが、やはり災害の時田よりになるのは近所です。そうした事を頭に入れて日頃の訓練を御子tらないようにするとよいですね。・・・と、自分で判っているつもりでも9月1日地域の避難訓練があると言えば、一家避難するのかとつい愚痴が口をつきます。本当に勝手のいいものです。

読書

最近ほとんど本を読んでいない。こうして文章を書くという時には読書をしているか居ないかで、できあがりが全く違うものになってくることに最近気づいた。それは、自分が読書しなくなってからやっと分かってくることで、文章が書きにくくなると自然ブログUPからも遠のくことになってくるようだ。読書が出来ない理由はいくつでも挙がることが出来るが、最たる理由は老眼が進んでいると言うことではないか。だったら度の合った老眼鏡を買ってくればいいと言うことになるが、それも又億劫担っていると言うことは、行動力が落ちていることにつながっているようだ。先日のもくもくハム木村社長のお話の中で、最も感心したことは「本当に良く行動されている」いうことです。ほとんどのお話が自ら行動されて自らの目で確認された事で、良く気づかれるなと感心し、そして、あの忙しさの中から良く行動されると思い、さすがそうした事を通じて広く社会を見てお見えになると思いました。こうして考えてみても、読書量と行動力はどうも正比例しているのかと。私は、鍵山相談役にご無理を申し上げて相談役がお読みになった本を譲っていただいております。近い将来、この大正村のどこかにそうした文庫を作り体躯思っているものですが、先ほどの相談役ほど若い頃からしっかり読書をしてお見えになると、少々の変化は過去の蓄積で影響してきませんが、それでも、「最近は本当に読書量が減りました」と、お話になります。私のようにまともな読書を出来ていないものが、「最近読書量が減り・・・」と、生意気なことを言っていられないのですが、行動の裏付けはやはり知識に他ならないと最近思うようになりました。

生意気ですが、知識を豊富にお持ちの方との会話は非常に伺っていても楽しいものです。お話が至るところへ飛んでいきますが、必ずどこかでそのテーマに合ったおちがついて、次に話が展開していくのですが、そうでないとあちこちバランバランな話になると、聞いている方も何のことはない話の内容がさっぱり判らない散発的時間を過ごしたことになってしまいます。それはやはり集中力に左右されるのでしょうか。当然、読書もそうですし、人の話を伺うのも集中力ですが、是が人皆一様ではないですが年齢と共に落ちていくようです。やはり、自分の中に蓄積した知識は蓄積ばかりではすみません。少しずつでもいくら年をとったからといっても補充していかなければと思っているところです。

豪雨

今日も中国地方では相当な豪雨に見舞われている。いったいどこへ来るのか本当に判らないものだろうか。天気予報はしきりに湿った空気が流れ込み易い気象であるまでは述べているが、それ以上は予報がしにくい状況だといいわけを重ねている。被災される方は本当にひどいときは一生の思い出をすべて流されてしまう。過日美濃加茂市の幼稚園で縁の屋根がダウンバーストで60メートルほど飛んだ。インタビューでまさか自分ところでこうした事が起きるとは少しも思わなかった。と話して見えました。本当に大変な事ですが、お話の通りまさか自分のところでこうした事が起きるなど夢にも思わないことでしょうから、こうした事が起きると、茫然自失の心境になるのではないかと思います。自然を愛ってにする事が、最近は大変な事が少しでも判ってきたのか、あたかも文明を謳歌している暮らしは、本当に無駄な金がたくさん掛かっている事が理解されてきたのか。

自然の力を借りて暮らせば、本当に金もいらない暮らしsが出来ることが、中間山村地域では生活の中から理解されるようになって、そうした暮らしをテレビなどでも取り上げている番組が見受けられるように成りました。たとえば、小さな水力発電。木質ペレット、太陽光発電はじめ、数々のそれに類した発電方式の採用など、以前には見向きもしないそうした自然の中で同化して暮らし、その多くは大自然のエネルギーを活用する事が盛んになっています。それから、地元野菜の地産地消なども盛んになってきています。地域の力の再発見こそがこれからは必要になるのではないかと思いますが、まだどうしても都会の暮らしへのあこがれ的思考が、便利さという事から優先されるような気がします。本当はゆたかとはそうではない。昨日友人がバーベキューに誘ってくれました。芭蕉は川の上にアングルで基礎を作り、その上にコンパネを張ったところ。京都の鴨川の桟敷みたいな監事でした。見つかれば当然お目玉ですが、監視の目も行き届かない当地です。本当に豊かな時間を過ごさせてもらい、豪雨被災の方には申し訳ありませんが、地域の再発見をさせてもらいました。

久方ぶりの雨

午後からにわか雨が降ってきました。雷も交えて降ってくれていますので、本当にありがたいことだと思うわけですが、すでに各地で被害を受けられた方々には心からお見舞い申し上げます。我が国は本当に細長い国であり、東北北海道では滅多に見えないつゆが長引いて、被害も出ているという異常な気象になっています。と言うより、今回の現象はすでに気象台は予測して居ました。しかし、肝心な住民が長期予報をあまり当てにはしていなかったのか。こうしていざとなって来ると慌てて対応しjなければならないという、日頃からの信用のなさか、何度だまされたか判らないのか、オオカミ少年的存在になってい気象予報ですが、今日の雨は時間もぴうったり当たっていました。我が国の予報設備は超一流でしょうが、あまりの情報の多さに結果がよくないことが多いのでしょう。しかし、ゲリラ豪雨は相も変わらず予想することが出来ないようです。同時に、予報をする言葉が微妙な意味にとれるようになって来ています。梅雨に入ったとみられるなど、本当にふざけた言い回しとしか思えませんね。やはりもっと自信を持った結果予報をしていないと、住民との信頼が失われるのではないかと心配しています。

優勝戦

高校野球夏の大会の決勝戦が行われ、前橋育英が初出場初優勝を成し遂げ、全国の高校野球の頂点となった。延岡学園も九州地方で唯一優勝旗のない宮崎県の栄誉をかけて戦ったけれども残念ながら、主戦投手の直前の故障というアクシデントもありながら、決勝戦まで戦ってきたすばらしいチーム力を持ったところでした。今日は当地で最も暑いヒデはないかと思えるくらい。しかし、秋風に近い風が吹き渡るように成り、だんだんと季節は移ろっていきます。昨日は、三重伊賀市のもくもくハムの木村社長の講演会。話を伺って本当に気後れしたのはすべてでしたが、特に、自らの意思で行動をして見える事です。その行動が自分の目標にキチンと沿った動きであることは当たり前ですが、人の影響を受けてふらついたり、自分の意思がぶれたりして見えないところに、お声がけしようとしましたが気後れしてしまいました。キチンと自らの考えを持って300人を引っ張って見える姿は、とても凛々しいです。延岡学園の監督がインタビューで「私がもっとしっかりして居れば」と、号泣されてベンチ裏へ子供達と一緒にしばらく入って見えたそうです。生徒も、ものすごい号泣の中から、一人一人と元気を取り戻してきたと言うことらしかった。自分をかけると言うことは人をこれほどまでに変えていくものかと思います。

今、大正村もどこへ行くのかほとんど判らない始末。当然、人はどこへ動いたらいいのか判らないのも当たり前だと思いますが、もう理事長の逝去から数ヶ月がたっています。そろそろ具体的な形を検討できるような資料が現れてもよいのにと焦っています。特に、来年の三十周年の運営をどうするのか。この点については結論が早く欲しいと思います。なにか丸投げしておけばいつの間にか出来ているようなかんかくのひとがおでしょうか。以前の大正村は本当に小さな事まで汗をこぼしていた記憶です。簡単にできるようになって組織の活力も落ちていく。今日の優勝チームはじめ本当に体に教え込む為、繰り返し練習に明け暮れた高校生に笑われるのではないかと心配します。

宝物

地域にはいっぱい宝物があります。したるものは子宝ですが、最近この子宝が地域の共有財産から離れて行っているような気がします。昔は良く外で遊んでいて何か悪いことをすると誰彼亡く怒られていました。そこで是はやってはいけないことなんだ・・・と、子供心に理解していました。ところが最近は外で遊ぶ子供が居ない。よその子をしかれば親が怒って向かってくる。などがあるので、子供が外遊びしていて何かやってもほとんどは知らないふりですね。かといって知らないふりをしていても後からブツブツと文句を言っているのが落ち。是では社会の中で教育することが出来ません。そこに集団生活にほとんど慣れない大人子供ができあがり、その子は社会では通用できないような子になって、社会からの引きこもりになってしまいませんか。ともかく集団の中で生きる知恵は本当に誰も教えない社会です。そのために学校の不登校なんてざらにやってしまう。と言うより、不登校がその子にとってどんな人間形成を醸すのか親自体本当に知らない、学校はまさに勉強を教えてもらうためのところであるとしか親は見ていない、いったいうちのこの教育はどうしてくれているのか、今後そうした社会教育をさせないと社会性という面を理解させる役割が企業などに回ってくることは明白。最近の高校野球など本当にキチンと挨拶できている学校もありますが、時々そうでもないまま甲子園に来ている学校も見受けます。

子供は宝と言われて久しいですが、最近だんだんとそうした事が崩れて行っています。先ほども述べたように、子供が外で遊べない。時間が無いのか、外で遊んでいるのを監視している親が居ない。祖父母が子育てをしているなど、最近は様々な理由があるらしいですが、子供の独り立ちが大変遅れていることも事実でしょう。それは、親や学校の先生の成長遅れも指摘されるのではないかと思います。いずれにしても、変な理屈をやめて、キチンと子供のための教育をするべき時なのではないでしょうか。

季節は変わっていく

高校野球も人決勝を迎える頃になると、さすがにあの酷暑も収まってきます。夜には秋の虫の声も聞こえる用に成ってきて、秋もドンドン深まっていくわけです。昨日は、大正村のおつきにイベントの実行委員会と、ウオーキング大会の実行委員会が開催され、こちらも季節感を感ずるところですが、秋は当地にとっては観光客の多いシーズン。従来は大正村に来てからどこかへ行こうという人たちがお見えになっていましたが、現在ではどこかへお越しのついでに大正村へよってみる風の方たちが多いこと。そうなれば当然大正村はサブですから人の記憶にも残りにくい事でしょう。地域の人が元会っている大正村から、いつも間にか観光客を呼ぶ大正村へ変身し、その観光客が減っていく中で我が大正村はいったいどこへ行こうとしているのでしょうか。大正村のポリシーも変化させたのは他ならない運営を授かっている役員で、私もその一人として参画してきました。確かにその責任はあるのですが、やっかいなことに責任は自分一人ではないとなると、改善を今やらなくてもと言う考えになってしまいます。ともかく反省をしない。反省しても改善へ行動しない。まさに悪いところだらけです。

やらなくてもいい理由はどれだけでも挙げられます。具体的に誰がやるとなると、ほとんど周りに人は居なくなります。下手をすれば自分も居ないくらい。この通り人間なんて全くの無責任なもので困ったものですが、しかし、自ら責任ある立場になった以上は季節が変わってもやらなくてはいけないことはやるようにしないと、本当に負け犬になってしまいます。

明日、三重県意伊賀市もくもく手作りファームの木村社長の講演会があり、我が委員会の皆さんが行ってくださるそうです。まったくの無から山の中に年間50万人の人がお見えになるところを作り、20年間で従業員300名の企業を作られた方です。お会いして本当に惹かれることはおごりが全くありません。そして、事業もみんなが努力してくれた結果と言って見え、その努力の目的は、お客さんがやりたいことを大事にしてきたことと言って見えます。本当にその通りです。先回は雪が降っていましたが、結構お客様がお見えでした。ともかく以前お邪魔したときより駐車場がえらく広くなっていました。現在名古屋市を中心に野菜のネットワークでお客様を呼んでお見えになります。

前回聞いてから私は何が出来るようになったかな。

相次ぐ優勝候補の敗戦

最近は高校野球の話題ばかりで申し訳ありません。しかし、本当に見ているときちんと結果が出てきてるようでなりません。闘いは本当に非情です。その時の心の隙間にそっと入り込んで思いもよらない結果を生んでいくのですが、それが取り返しのつかない結果になるため、その場での決断は結果に大きな影響をあたえていくのです。本日の明徳と桐蔭戦。トップバッターがランニングホームランを奪い桐蔭打線は少々安心したのかな。ヒット数は桐蔭の方が多かったくらいですが、結果は優勝候補の筆頭がやぶれ、その前は、大会随一の安楽が打ち込まれました。本当に判らないものです。しかし、勝利の神を得るためには日々のたゆまざる練習が必要です。[力耕我をあざむかず]と、鍵山相談役の講演でよく話されます。まさにその通り。良く耕した畑の作物はたくさんしかも味がいい。努力は必ず報われると言うことですが、最近そうした練習に我慢が足りないと思えるようなことがあります。これは予想なので申し訳無いですが、犠牲バンドの成功率が非常に低いような気がします。理由は色々あるし、守備力が大変上がったこともありますが、もっと徹底して犠牲バンドをする気構えが欲しいです。何か技術に頼ったバンドでは犠牲バンドと言いにくい時がありませんか。必死に努力している人に老婆心で申し訳無いですが。

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.