オリンピックにすむ魔物

メダル最有力などと言われたアスリートが国民の期待から見れば意外な結果に終わる例を多く見受けます。驚異社本人からしてみれば、一生懸命練習して、その後の勝負は時の運と割り切ることが出来るでしょうが、周りは結果を期待しているため、なんとしても自分たちの勝手なおもいのメダルを取ることを宿命づけられているような雰囲気を作ってしまうのではないでしょうか。応援していただいた方たちに・・と、インタビューでよく選手から話が出ます。しかし、応援している人こそメダルの色ではなく、本人がどれだけ納得できた戦いを舌かではないでしょうか。後は結果。たとえばアーチェリーの銅メダル。出発前に大きな期待があったのでしょうか。しかし、本当に爽やかに得点を重ね、無欲の勝利のお手本のようなゲームでした。まさに、人がなしえることとはあのような無欲の積み重ねが結果をよい方向に導き出していくのでしょう。

体操は本当にその魔物にしっかりとのど仏にかみつかれたように、意外な結果に終わっているようですが、同じ体操でも女子は若い方のがんばりが好結果を引き出しています。柔道も松本さんという試合以前はあまり話題に乗らなかった選手が、柔道界を救う金を獲得しました。まさに、無名な身軽さが好結果に結びついたのでしょう。しかし、柔道も大変勝負の判定ガ難しいスポーツになってきたようで、柔道の道から脱線してきたような気がします。

事ほど左様に勝負にこだわる世界ばかりが前に出てくると、それに携わる人たちの心もすさんでしまわないのでしょうか。結果よければすべてよしではいけません。しかし、結果によって判断されがちな世界では「道」は決して広がりません。何でもそうですが、奥義を極めるためにはまず自らの人を鍛錬するべきでしょう。そうした事がすでに昔の話になっているのかもしれません。

一喜一憂

アスリートにとって自分がもらうメダルの色はものすごく気になるものだろうか。確かに期待されて、応援されて、出来ることなら一番美しいメダルを捧げることが出来れば一環の終わりであり、自らもそこに一つの区切りがつくのかもしれません。柔道のみならず、本当に母一人に育ててもらったという方がたくさん見えます。父は交通事故とか、病死とか理由は多々あるのですが、どこのチャンネルをひねってもこうした話ばかりで、さすがに飽きてしまう嫌いがあります。この間、日本は大変大切な国会審議が行われるわけでして、オリンピックに引っかき回されていてもいいのかといいたいくらいです。考えれば国会は大変な問題をいくつも控えている中、現政権がこうした問題の処理が出来るのか。デモ隊は毎回その規模を増やして行っています。だんだん国民が目覚めてきて、自分たちの意見を表現してくるようになってきたのです。

考えてみれば今の日本人は自己の意見を主張することがうまくなかった。しかし、ここに来て、ほかっておいては何をされるか解らないようになると立ち上がった市民が、ブログや、ツイッターなどの手段で立ち上がってきたのです。国会はもちろん、地方都市にも大きく波及してきだしたこうした問題のどこをとらえればよいか。地方では市民が立ち上がって町おこしなど進めてくるようになりました。大正元年から100年。時代は大正デモクラシーの再来となるのでしょうか。確かに、ITを利用した活動は非常に伝搬力を大きくするようになりました。しかし、そこで真実を見極める力を備えることが大切ですが、どうしても、自分の都合で表面的なことでの一喜一憂をしがちです。反省しなくては。

暑い

本当に暑い。本日東北も梅雨が明けて日本全国から梅雨はなくなったそうですが、一転本当に暑い。今までこうしたからっと晴れた空は見えませんでしたが、本日は見事にからっと晴れて一面青空が広がっています。名古屋からお客に来ているコーギー(雄・2歳)も大変厚い毛皮でさすがに舌で荒い息をしています。朝のうちに散歩のチャンスを逃したので、今日は散歩話というところか、それとも、今晩地域の夜間パトロールですからその時にでも一緒に連れて行くかと思っています。少しでも散歩しないと大変ご機嫌が悪く、当家にいるミニチュアダックスの耳をかんでは憂さを晴らしています。そうすると家内が大変ご立腹になるため、散歩は家庭平和のために必要なことなのかと思います。

しかし、それにしてもこの暑さは尋常ではないです。この数日は天候が急変しています。しかも、大変荒い変化に人間は果たしてついて行けるだろうかと心配しています。土用は暑いものです。暑いからこそ今大高騰のウナギを食べて暑さをしのいできましたが、どうもその楽しみもシラス高騰でそんなに簡単に入ってこないようです。原材料をコンスタントに確保できることは本当にすばらしい事に今後はなってきます。世界も物欲からービスのソフト化へ重心を移しだし、購買動機も単なる安いからよりも、こだわりによる購買が多いようで、商品の確認もふつう数人での得品確認をしています。本当に消費行動もキチンとしてきました。そうした時代にどのような考えで生きていくのかよく考えましょう。

和談

知らない人がみんなの共通した話題で打ち解け合って話をしていく。そうした和がドンドン広がっていく。大正村はそうした舞台を作るつもりでがんばって見えたと思いますが、いつの日かボトムダウンの組織に変わって、外からおこしをいただく入り込み客は、ただ単に大正村の都合のために有料料金を払ってお越しくださいます。そうした方のために何か喜んでもらえることは出来ないのか。そんな会議が前はいつも開かれていた記憶ですが、最近はとみにそうした会話などが町中に沸いてきません。

何故だろうと考えるまでもなく、このままで行ってしまうと本当にゴーストタウンになってしまいます。どうしたところで考えるかですが、みんな自分の通号を優先します。いくつ事象を並べても結果は皆同じ。だから大正村はそうした事から脱却するためのの地域の学舎として、住民一人でも多く観光客と触れ合って学んでもらいたいと、いやがる商店主や定年退職者などを案内人として仕立て上げたわけです。しかし、その案内人が今度は逆に自分たちのことばかりを考えるようになって、そうした晴れがましいところは遠慮するとか、そうした事を運営するには若い人に運営させなければ勉強にならないとか、やらない理由はいくつでも並べ立ててきました。理由を並べた人が悪いわけではないのですが、人がやる気になってきたものをどのようにすくい上げ、背中を押してあげることが出来るトップがどれだけいるのか。

そんな夢みたいな事を考えて、本当に無い物ねだりばかりしてきました。今は、本当にすばらしい施設があります。しかし、ほんとうにそうした施設を活用しているのかと考えたとき、本当に努力くださった多くの方に申し訳ない気がたくさんいたします。そうした歴史を振り返りながら、新たな話が出来る場所作りを考えていこうと思います。

まちづくり懇談会

当地域のまちづくりは一心に大正村と言うことで、まちづくりイコール大正村作りで進んできました。結果はどうなったか。創立30年を前にして大正村の存続に赤信号がともってきました。最も大きな要因は、大正村の資金不足、活動して見える方の高齢化、大正村に資料が不足しているなどあげられます。資料については相当不足していることははじめから理解していたのですが、このように追い込まれてくると如実にそうした事が今更のように思わせられます。ただし、資料不足を今までは何とか一生懸命というおもてなしでリカバーしてきましたが、そうした事情も分からない方が大正村活動におおく参加されてきますと、案内の教育などが手薄に成り本来の魅了である「誰もが主役であるまちづくり」が出来にくくなり、大正村活動に関わって見えない方は、別の町のことのように感ぜられるのも無理はないことでしょう。

まちづくりは大正村が確かにがんばって見えますが、地域内にはそればかりではありません。特に、最近は女性ががんばってこられ、当地の駅前広場のプラザには、女性グループが入ってくれってがんばって見えます。やはり人に気は「やる気」を出すよう仕向けないといけません。仕向けるうちにドンドン自分もやる気を出させてもらっているのです。昨日は、大正100年推進協議会が昨年末解散しましたが、それ以来のまちづくり懇談会の開催をさせてもらいました。先日視察に伺ったソラナミの話も出ました。こうして情報を共有して地位が進んでいけるようになると大変よいです。

新しい試み

今日大正村資料館横の大正の館で歌まるコンサートという、昨年のふるさと歌のカーニバルに投稿してもらって、残念ながら選考漏れした方々の作品発表会が歌を通して人の輪を作る(歌まるコンサート)として、若い人を中心とした明智まちづくりフォーラム地域活性化部会が開催してくれます。あわせて、装いの会という大正村の和服資料を整理してくださっているグループの発表会があり、ミニイベントが開催されます。

新しい試みを自分たちが企画の段階から進めていることに、今回本当に私は喜びを感じています。街角の活性化を目標として、まちづくり交付金の投入をしてもらい約1年間の中で用地買収を始め、様々な事業に取り組みをしてきましたが、やはり心配したとおりハード事業としての理解しか出来ていません。そのため、どうしも悪役作りのまちづくりになっていって、結果は町の活性化とはかけ離れた形。そして事業に渾身の力を込めた人は、必然的にまちづくり運動を去って行くという構図です。しかし、今回地域ももうもたもたしている余裕はありません。新しい形で動いていくためには、仕掛けの結果を見ながら進んでいくことが必要です。トイレ掃除で、疲れはたまっていく一方、だんだん美しくなっていくトイレに励まされるようなことにするため、まずは好きな人を集めることが大切ではないかと、今回に向けて様々な手段をこうしてきました。

本当に身近にそうした人はいてもらえるものです。そうした人がやる気になってもらえれば、こうしたミニイベントもそんなにパワーを必要としない。前から解っていて大正村ができあがってきたのですが、今回、こうした動きから何か原点が始まってきたような気がしてきます。それには、黙っておられるところは極力姿形を見せないで行こうと思っています。やってくれる人は近くに周りにたくさん見えるのです。

人間賛歌

今、本当に苦しんでいる人が多い世の中ですが、そうした中で必死になって苦しみと闘って見える方がたくさんおられます。天災に遭われた方、人災で苦しまれている方など、その種類はいかほどか解りませんが、そうした方が前向きにがんばって見える姿を見るにつけ、自分もがんばらなくてはいけないと思わされます。そうした気持ちになれるのは、人に感謝できるか出来ないか。まさに人生を豊かに暮らすのはどれだけ多くの人に感謝できるかなのでしょう。確かに人生の達人は本当に心広く多くの方に感謝して見えます。よくそこまでと思うこともあるくらいなのですが、そうすることによって感謝された人は本当に喜んで、もっと何かで・・と、人しれない努力を重ねられる方もしばしば。

こうしてみると、人に感謝することが忘れられた現代は、考えてみればこうした循環が世の中にあれば、大変な諍いをすることもなく、もっと言うならば、小さな事でも会議を開いて皆さんで決めなければならない殺伐とした世の中は少しは変わらないかな。年々殺伐な社会が広がると言うことは、ある意味社会の中に信頼感は全く消え失せている我が国がクローズアップしてきます。もう少し広く信頼の和を広げられるような事は何も出来なかったでしょうか。自分で出来なかったのかとも問いかけてみたく存じます。従来、どうしてもスピードの必要なことが多い中、困ったときこそお互いに知恵を絞り合いながら、しかし、何でもかんでも暴力といじめの世界は太刀打ちできません。よろしくお願いします。

あらたなる試み

世界が音をたててかわっていくなか、本当に変われないものはいったいなんでしょう。過去の業績にあぐらをかいて、今日の状況を迎えようと思っている皆さん、このまま行くと本当に困ると思っている皆さん。具体的にどのような行動をしなければいけないのでしらょう。毎週金曜に首相官邸に原発反対のデモがされるそうです。しかも、大変整然と行われるようで、どちらかと言えば取り締まる方が面食らっているようすです。ここにも時代の変化がはっきりと見て取れます。少なくとも、冷静沈着に自己主張をしている姿は、逆に、大変不気味な感さえ受けるます。

草食系などと現代の男性のひ弱さを形容している記事をたくさん見受けますが、しかし、激しい戦いとなればなるほど自分たちの主張は通じなくなるのではないかと思います。多くの人が集まり、物静かに自己の主張を表現している姿は、本当に何も動かない自分から見れば、大変頼もしく見受けられ、こうした動きが各都市にも広がって行っているようです。

こうしたことから、たとえば民主党内でも良識を訴えて行動する人が増えてきているようですが、マスコミなどは政策争いに置き換えて報道をしている始末です。冷静にこうした動きが読めるような自分たちを作れるよう、一生懸命日々努力が必要なのでしょう。

四面楚歌

日本がアメリカに戦争を仕掛けたのか仕掛けさせられたのか、かの太平洋戦争の時には我が国は天にも昇る勢いで戦争に突入していきました。それは、そうせざるを得ない状況に陥れられていた感がありますが、未だにそのあたりは明確な記述は発見されていないのでしょうか。今回、我が国内では試験飛行に猛反対を表明しているオスプレーが、やっと我が国の意見が取り入れられしばし日本導入を止めるそうです。先行導入の岩国、常駐予定の沖縄ともに県知事が明確に反対を述べていることは、おそらく最近クリントンが我が国にきて、住民の反対の雰囲気をつかんでいlkつたのではないかと思います。しかし、アメリカに行ってオスプレー配備に何の反対も出来ず、我が国では国内の反対に何も出来ず本当にトップの主導権はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。

民主党内部もすべて幹事長にお任せすると言っていた対小沢用配備の輿石さん。問題の解決どころか、具体的問題に火をつけてしまって、当内外で日を追うごとに燃えさかっております。党のリーダーは誰と問えば野田総裁でしょう。党内と内閣を分けて、キチンとそうした問題が解決される人材がいれば別ですが、日を追うごとに問題は深刻化して行っています。トップとしては国の舵取りに赤信号がともり始めました。国民の生活にも影響の出てくる諸条例などの成立に危機が背まっえくる中、国のトップとしてどのようなリーダーシップをとるのか、国全体が固唾をのんで見守っています。それぞれの問題は消して一つ一つではなく、すべてどこかでつながっていることなど聡明な方ですからよくおわかりでしょう。しかし、どうもその手段が何か一つ一つをという感じで、解決するごとに周辺の問題は取り残されていく状況です。

リーダーがこうであると、その周辺にはリーダー直接ではない様々な意見が吹き上がります。どのように伝え、実行できるか。このあたりでそろそろ周辺の諸問題の解決を図っていく努力も必要ではないでしょうか。

 

 

野田政権が

末期的状況に野田政権は陥りました。こうなることはすでに多くの人は読んでいたのですが、野田政権としては何ともしようすが無い状況でして、こうなると自民、公明も政権奪取のために必死になって野田政権を揺さぶってくるでしょう。同時に、民主党内も分裂がますます顕著となり、残念ながら政権交代したはずなのにうたかたの夢になってしまうようです。何故こうした状況になってしまったのか。一言で言えば、問題の先送りばかり繰り替えいた民主党、野田政権の地獄絵図ではないでしょうか。

時代は、政党から市民に変わりつつあります。国会議員も組織票を集めて当選できる時代は時が終わりました。そうすれば、どのような手段で衆評を刷るのかと言えば、自らの志を皆さんに訴えてご理解をいただくしか方法はありません。今、民主党の谷岡参議院議員など、その典型でありましょう。そして、こうなると価値観の多様化は議員候補者のマニュフェストで投票行動を決定してきます。候補者は組織票ではなく自らを応援してくれる支援者を一人でも多く作るため、日夜を一生懸命歩まなければならない状況になってきます。そのためには、街角での街宣など最も必要になってくるわけですが、野田総理も以前はそうした活動から支援者を増やしたわけですが、これからはそうは参らない状況です。

個人に箔がつくとどうしてもそうした動きがしずらくなります。そのため、党の中に個人は埋没しがちですが、今回民主党を飛び出た人たちはそうした事を嫌っているためでしょう。凋落いやな言葉です。しかし、野田総理も命をかけてやったことですから、すべてはやむ終えないことであるでしょう。

Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.